今回はめっちゃ釣れた件【その3・最終回】

 釣りの話が続きますが、ようやく最終回!今回はてんこ盛りなので楽しめる感じになっていると思います。

 

 オスメスで色が違う魚。両方コンプリート!

 投げ釣りで釣れるオスメスで色が違う魚。それはベラ(キュウセン)です。骨が多く、これが釣れてもあまり嬉しくない方もいらっしゃるようですが、僕は今回この魚の刺身を食べてみたかったので持って帰りました。

 引きはカサゴと全く一緒。仕掛けを引き寄せるとグングンッって強い引きが来て、巻き上げている時も魚が暴れている感触が伝わってきます。だから釣り上げるまではベラだとは分かりませんでした。

 最初に釣れたのはメス。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180719150257j:plain

  これは3匹釣れました。全体的に赤っぽい体をしています。

 一方コチラがオス。f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180719150412j:plain

  最後に1匹だけ来ました。全体的に緑色の体をしていて、特に頭の模様がキレイです。メスよりも大きかったのでコイツの引きが1番大きかったです。

 

 ベラはちょくちょく釣れますが(毎回釣れる程でもありませんが)、オスとメス両方釣れる事は滅多にありません。ちなみにオスよりもメスの方が良く釣れる傾向があります。オスは警戒心強いのかな?

 今日の活性が良かったからだとは思いますが、オスメス両方が見られると面白いです。せっかくだから食べる時に味比べしてみたいと思います!

 ついに!釣り友にも大物が!

 本当はカレイを釣ろうと思って朝からずっと出しっぱなしにしていたタモですが、結構約に立ちました。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180719151703j:plain

 最初はお隣さんがメジナ(グレ)を釣ったのでヘルプに行きました。30cm級のものでした。そしたらそのご家族が帰り際に僕にありがとうございましたとお礼を言ってくれました。

 こういう助け合い、お礼は近年あまり見られなくなってしまいました。(僕の周りだけかな?)しかし現代社会においてもまだまだ息づいていてよかったなぁと思いました。

 次に釣り友が大きなウミタナゴを釣りました。22cmでした。彼はずっと真下にいる魚を狙っていたのですが、大きな引きだという事で一応ヘルプ。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180719151554j:plain

 彼の快進撃は止まらず、またもや大きな引きが。ヘルプに行ったのですがなかなか魚の姿が見えません。しかもあっちこっち行って暴れまわっていました。結構大きそうだぞ!

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180719150953j:plain

 まっまさか!30cm級のメジナ(グレ)じゃないですか!彼も釣れるとは、今日はメジナが釣れやすいのだなと思いました。

 彼曰く「塩焼きにする」のだそうです。

 今日の大物賞

 さて、今回僕はカサゴを合計10匹釣れました!船で行ってもこんなに釣れた事はありません。今日はめちゃくちゃ好調!!!

 今日のカサゴで最も大きかったのが20cmのコイツ↓

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180719151241j:plain

 以外にも引きはなくて、根がかりしたのかなと思ったらずぽって抜けて重いながらも巻き上げたらかかってきたやつです。これは刺身にしたい!

 

 更に!このカサゴ以上に大きかったのがアジ!

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180719153234j:plain

 普通はサビキ釣りでかかってくるヤツですが、これは投げ釣りで来たやつです。25cmくらいあったので脂ものってておいしそう!引きもこれが1番強かったかなと思います。

 次回予告

 これで一通り魚釣りの話が終わりました。でも魚を釣ったら食べなければいけません。という訳で次回のお話は、、、

1、小魚が釣れたときにオススメ!スナック感覚で食べられる素揚げ

2、ベラVSカサゴ 煮つけでおいしいのはどっちだ?

3、ベラのオスとメス、見た目は違うけど味も違うの?

になると思います。次回もおたのしみに!

今回はめっちゃ釣れた件【その2】

 

sekaiwohyouryuusurutakaragai.hatenablog.com

 これの続きです。予告通りヤツが釣れた話と釣り友のハイテク道具の話をしたいと思います。

 

 やっと大きな当たりが!引き揚げたらヤツでした

 ハゼの時は仕掛けを引き寄せる時にビビビッて軽くアタリがある程度なのですが、やっとグイグイッという強い引きを感じました!

 巻くときにも魚が暴れている感触が手に伝わってきます。

上がってきたのは、、、

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180718144519j:plain

 カサゴ!!!16cmでした。

 これはなかなか釣れません。

でも今日は釣れる日。1匹釣れれば幸運なカサゴが今日はどんどんかかってきます!

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180719142225j:plain

 2匹いっぺんに釣れた事もありました。

 カサゴが5匹くらい釣れた時思ったんです。なんでこんなに今日は釣れるんだろうと。でも結構あるんです、しょっちゅう釣りに行っているとたまにこうやって面白いくらい魚が釣れる日。でもその日に出会うのは6年ぶりくらい。ものすごく珍しい事なのですごくハイテンションになります。

 とりあえず今日はラッキー。そうこうしているうちに6匹目のカサゴが釣れました!

 釣り友のハイテク道具を紹介!

 釣り友の竿も大きくしなり、釣れたのはアカメフグ。七夕の日にも釣りあげていました。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180718144711j:plain

 今日紹介したいのはフィッシュグリップという道具。ハサミ(ではないけど)のような部分で魚の口を挟んで持ち上げるというものです。彼は大物を釣るのが夢なので道具の揃え方も僕とは少々違います。

 フィッシュグリップの使用例です。f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180718145030j:plain

 大きな歯があるのでなかなかつかみにくかったです。なのでドロンコ、、、

持ち上げているところを写真でパシャリ。で、終わったと思ったら、、、

 僕が驚いたのはここから。

 フィッシュグリップの金具の出っ張りを引きずりだそうとしているから何してるのかなと思ったら、、、

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180718145121j:plain

 メーターが出てきました。

 最新のフィッシュグリップは魚の大きさも測れるんですね!僕が買ったやつはこんなのついていませんでした。(もしかしたらついていたかも知れないけれど気づかなかったです、、、)

 このフグ22cmだったそうです。それで前回釣ったアカメフグは18cm!4cmサイズアップしました!

 でも彼はもうフグ釣りたくないみたいです。話を聞いていると本命はクロダイ(チヌ)なのですが、とりあえず毒がない大物を釣りたいそうな。

 次回予告

  伸びまくってすみません。でも次で釣りの話は完結させる予定です。次回のお話は、、、

 1、オスとメスで色が違う魚。両方コンプリート!

 2、釣り友、ついに大物を釣り上げる

 3、今回の大物賞

についてお話したいと思います。次回もお楽しみに!

 

今回はめっちゃ釣れた件【その1】

 カレイは釣れるかな?

 七夕の時、僕は「大漁に釣れますように!」と「カレイが釣れますように!」とお願いしました。

sekaiwohyouryuusurutakaragai.hatenablog.com

  この日は行けなかった釣りですが、天気にも恵まれてたおかげで今回行く事が出来ました!

  2か月ぶりの釣りなので沢山釣りたいですが、、、

 

 夏の釣りで特に持って行った方が良いもの3選

 

 晴れてものすごく暑い中での釣りになりそうなので

 1、日焼け止めクリーム

→当日は曇り予報でしたが、結局のところずーっと晴れていました。天候は変わりやすいので、晴れた場合と雨の場合の両方の対策はした方が良いでしょう。

 

 2、帽子

→かぶるだけで体感温度が3~5度くらい涼しくなりました!あと、海は風が強くて帽子が飛ばされやすいので、ヒモがあるタイプが良いと思います。

 

 3、凍ったドリンク

 全部凍っているとすぐ飲めませんが、凍ったドリンクを沢山持って行った方が良いです。冷たいドリンクはバッグの中にいれても1時間くらいで温かい飲み物に変わっていました(笑)クーラーボックスに入れておけば冷たいままです。更に釣った魚を冷やす用の氷も節約できます。

※釣った魚は温かいのでクーラーボックスに入れてもすぐ氷が解けてしまいます。その為うまく氷が作れなかった場合は何回も氷を補充しなければならないのです

 

 日焼け止めがぬれない!!!

  朝8時から釣りを開始しました。七夕にフグを釣りまくっていた彼も一緒で、場所取りをしてくれていました。

 それにしても晴れているなぁ。朝からものすごく暑い、、、

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180718144312j:plain

  いつも釣れだすのはだいたい朝9:00ぐらいからなので、まずは仕掛けを投入してから日焼け止めクリームを塗って、朝ごはんを食べようと思っていたのですが、、、

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180718144344j:plain

  1発目からハゼが来ました!5cmくらいですね。

 2本バリでやっていて、大体下の針にかかってくる事が多いですがたまに両方の針に魚が食いついてくる場合があります。魚が沢山いる証拠です。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180718144415j:plain

  普段通りなら3匹くらい一気に来ると一旦釣れなくなるのですが、今回は止まりません(笑)

 仕掛けを引き寄せる時にパクッって食いついてくるようで、小さくビビビッと引きます。でも当たりが分からない時もあります。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180718144445j:plain

 結果的に朝だけにしか来なかったのですが、13匹も釣れました。これだけでもヤバイです!!!

 

 次回予告

 今回は結構大漁だったので1つの記事にまとめきれませんでした。前編と後編でまとめようと思ったのですが、夏に持って行った方が良いものを書いてたら結構長くなってしまって、、、多分あと2~3つくらい釣りの記事になると思います。よろしくお願いします。

 さて、次回(多分明日)は

 1、ハゼが13匹釣れて嬉しいのだけど正直もっと大きいのが釣りたい、、、と思っていたらヤツが大漁に来るじゃないか!!!

 

 2、釣り友がまたしてもフグ!でももっと驚いたのは彼が持っていたハイテク道具!!!

 

っていう話をしたいと思います。次回もお楽しみに!

【閲覧注意&事件】ヒラタクワガタじゃなかったかも、、、

クワガタに卵を産んでもらおう

 この前もクワガタの幼虫が生まれていた事を書いたのですが、その後の管理について書きたいと思います。

sekaiwohyouryuusurutakaragai.hatenablog.com

  

クワガタの幼虫が生まれたら

  自然界では産み落とされた木の中で頑張って成長していきます。でもこの時期の成長が遅くなってしまうと成虫も小さくなってしまうので、菌糸ビンに入れて育てたいと思います。

 菌糸ビンは木くずときのこの菌糸が混ざっているもので、昔使った時には謎のきのこが生えてきました。でも取り除いたら幼虫の生育には問題なかったですけどね。クワガタをより大きく育てたい時に使っています。

 

 ちょっと面白い発見をしまして、数日前(木から取り出した時)は茶色っぽかったとは書いたのですが淡い茶色でした。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180716165429j:plain

  でも木から取り出した数日後、、、

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180716165511j:plain

  焦げ茶色になっていました。思いっきりマットの色です。

 という事は淡い茶色の時は食べた木の色だったんですね。体がまだまだ小さいので食べ物の色がそのまま体の色になってしまうのですね。

 

 

菌糸ビンに入れました

 菌糸ビン、ヒラタクワガタ用買ってきました。ヒラタクワガタだとは信じているけれど、、、でもコクワガタでも育つと思います!1つ800円でした。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180716165534j:plain

  本当は1瓶に1匹入れるのですが、そんなに大きくならないので2匹一緒に入れてしまいます。

 瓶に使い方の説明が書いてありました。最近の商品は丁寧ですね。

 フタをカパッと開けると白いものが一面に広がっています。まずはこれを取り除きます。食事で使うスプーンは使わないでくださいね(笑)

 本当はクワガタ用の金属製の薬さじを使って取り除くのです。しかし持っていなかったのでコンビニでもらうプラスチック製のスプーンでやりました。

 少し頼りなかったけれど、問題なく使えました。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180716165601j:plain

  取り除くと茶色い木くずが出てきます。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180716165625j:plain

  ただ結構固まっているので、3cmくらいの深さは柔らかくほぐします。

 そしたら直接触れないように幼虫を菌糸ビンの中に入れてあげます。そうすると2~3分くらいで潜っていきました。まだまだ小さいからカワイイです。

 必要となったらビンを交換するかも知れません。でも基本的には作業はありません。あとはコクワガタヒラタクワガタか気になるところですね(笑)

【閲覧注意!】愛する魚たちに活き赤虫をプレゼント!

 

 活き赤虫を魚たちにあげる

 小赤が来てほぼ1周年なので生きている赤虫を魚たちに買ってあげました。

 僕の勝手な発想ではなくて、Twitterで多くのフォロワーさんが飼育している魚(※1)に活きた赤虫を食べさせている動画をアップしていて、僕が飼育している魚たちにもあげてみようかなとずっと思っていたのです。それを今日決行したのです!

 

※1 熱帯魚や金魚など口に入るならなんでもOKなようです!

 

 生きた赤虫をあげるメリットは

1、食べられるまでずっと新鮮=水が汚れない

2、非常に栄養価が高い!

3、魚が喜ぶ

があります。

 

※ 金魚の飼い方やアクアリウム、金魚と暮らす楽しい日々! 本日も金魚日和 金魚に定番の餌、アカムシ(赤虫)についての特徴と与え方! から引用しました!

 

 生きた赤虫は釣具店に売っている事が多いです。僕も釣具屋に行って200~300匹で200円で入手できました!

 新聞紙に直接包まれていて、鮮度を保つには少し湿っていた方が良いみたいでした。早速与えてみましょう!

 

 金魚と活き赤虫

  ピンポンパールだけの水槽に入れると、落ちている途中に

 パクッパクッ。

細長いのでそうめんみたいにツルツル吸う感じで食べると思ったのですが、一気に丸飲みしていました。しかしお皿に落ちてしまうと全く興味を示さなくなりました。赤虫だけでなくて全てのエサでそうなんです。でもしばらくすると全部食べてくれます。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180716161957j:plain

 口にくわえただけで動くのでビックリして離していました。いつもは動かないもんね。

 でも今日の夜にはぺろっと完食してくれると思います。

 

 キャリコ琉金・黒出目金・小赤?・スイホウガンがいる水槽にも入れてみました。

 落ちる最中のエサは食べるんですが、落ちてしまうと全く興味なし!でした。(粒状の人工エサだとすぐ漁るのですが、、、)

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180716162026j:plain

 あれれっ?食べないのかなと思ってベタに与えて戻ってきたらぺろりと完食していました!やっぱりおいしいんだ。

 最初は小赤?が食べていましたが、それを見ていて琉金、出目金、スイホウガンも食べていました。でも沈んでいても食べたのは琉金と小赤でした。品種の問題ではなくて金魚各々の適応能力だと思います。出目金とスイホウガンは新しいものに警戒心が残っているのかな?

 

 ベタと活き赤虫

 最初は沈む最中でも落ちたものにも興味を示しませんでした。今浮くタイプのエサを与えているので落ちちゃうのはエサだと思わないのかなと思ったら、、、

 メスたちが沈んだ赤虫にトライしていました。ベタにとってはやや大きすぎるエサのようで1匹食べるのに結構時間かかっていました。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180716162100j:plain

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180716162150j:plain

 最初は口にくわえたり離したり。それを繰り返すうちに半分くらい飲み込んで、最後はそうめんのようにちゅるちゅるっと吸っていました。

 食べていたのはメスだけでオスは接近はするものの興味なし!といった様でした。

 でも警戒しているだけでそのうちオスも食べ始めると思います。オスだから食べないって訳ではないと思いますが。

アイスはアイスでも食べられないアイスはなーんだ?

 アイスはアイスでも食べられないアイスはなーんだ?の答えはドライアイスでした!!!

 最近暑いので少し涼しくなるようなネタをと思い、今日はドライアイスについて書きたいと思います!自由研究の時期にもなってきたのでなるべくそれに沿ったテーマにしたいと思います。

 

 1、ドライアイスをGETする方法

 食べられる方のアイス(笑)を買えばセットでくっついてきます。ただ、コンビニだとドライアイスが無いところがあるので、スーパーで買った方が無難だと思います。あとお茶やジュースに入れる氷を買っても付いてきます。量にもよりますがアイスよりも氷の方が大きい場合があるのでついてくるドライアイスの量も多くなる事があります。

 

 2、ドライアイスを水に入れるとモクモクするのはなぜ?

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180715164558j:plain

 買った氷が大きかったのでモクモクの量も多かったです。今回はドライアイスを冷水に入れて出てくる煙=モクモクと表現する事にします。

 モクモクの正体、実はドライアイスによって冷やされた水が氷や水の粒になって空気中に漂っているものらしいです。ドライアイス二酸化炭素の塊という事は知ってしたので二酸化炭素がモクモクしているのかと思いました。

 ちなみにサラダ油に入れた事があるのですが、モクモクの発生量が水よりも少なかったです。液体ごとにモクモクの発生量がどのように変わるかを見てみるのも面白そうですね。

 

 3、モクモクが下に落ちていくのはなぜ?

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180715164625j:plain

  赤い矢印の所です。モクモクが滝のように落ちて行っているの分かりますでしょうか?

 モクモクの正体は氷や水の小さな粒なので雨や雪が上空から降ってくるのと同様にそれら自身の重みで下に落ちてしまうんですね。

 

 4、モクモクが終わるのはなぜ?

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180715164656j:plain

  実はモクモクの生産が終わったのではなく見えなくなっているだけらしいです

  モクモクの正体=水や氷の小さな粒が水蒸気に変わってしまうとモクモクが見えなくなってしまうようです。

 

※ 学研キッズネット ドライアイスを水に入れるとどうしてけむりが出るの から引用しました。

 

 ちなみに今回のドライアイスは水に投入してから3分でモクモクが終わってしまいました。量が少なかったらもっと短いと思います。

 ドライアイスの重さによってモクモクが発生する時間がどう変化するのかを見ても面白そうですね。

 

【夏のナス祭り!】はじめての白ナスに30cm越えのナス!!!

  ついに!ナス祭りが到来!!!

 5月にナスの苗を購入してから2か月の間、わき芽かきや剪定をしてお世話してきましたが、ついに収穫の時がやってきました!

 

 まず白ナス!!!

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180714142929j:plain

 今まで収穫したことが無ければ実物を触った事もなかったのでただただ感動しています!!!

 スーパーで出回っているところは今まで見たことが無かったので、これが食べられるのは栽培者の特権とも言えます!さてさて、どうやって食べようかな、、、

 ちなみにこれは1番花が実になったものです!だからナス栽培の手順的にはわき芽かきが終わったあたり。これから摘心をしていかなければいけません。ちなみに最初に出来た実は早めに収穫して株の体力を温存させておきます。ちょっと大きくなりすぎたかな?

 

 長ナスも収穫出来ました!

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180714142955j:plain

 さ、30cm!!!

 長ナスの栽培経験はあるけれどいつも15~20cmくらいでした。今年のはずいぶん長いなぁと思ってはいましたが、まさか30cmもあるなんて、、、結構驚いています。

 

 摘心には2段階あって、この前は

1、わき芽についた花の上2~3枚を残して先端を切る

所までやったので次は、、、

 

2、実を収穫したらわき芽の付け根から2~3枚の葉を残して枝を切る

作業があります。

  わき芽から更にわき芽を伸ばして収穫量を増やそうという訳です!

 

※ナスの育て方.comから引用しました。

 

 今日はハチの猛攻にあって出来なかったので、野菜の収穫シリーズ【続編】で詳しくお伝えしようかと思います。

 

 うまい人は1株から180個収穫できるらしいので、僕はとりあえず50個目指したいと思います。

 

 フェンネルの花が線香花火みたいです

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20180714145431j:plain

 庭に大きなフェンネルの株があって、キアゲハの幼虫も来てくれました!

 毎年この時期になるとフェンネルの花が咲いていて、黄色い事も知っていたのですが、写真で取ってみたら

 線香花火みたい

という事に気が付きました。(画面の左側です。)

 線香花火っぽく撮影するには背景が真っ黒になる事がポイントです。

 家にフェンネルの株がある方は挑戦してみてください!