近所のオオサンショウウオの日常1

1、近所にオオサンショウウオがいます。
 オオサンショウウオは中部よりも西よりの(=以西)日本の山間部・里山の清流に生息していて、主に川魚や水性昆虫を食べるとされています。絶滅危惧種Ⅱに指定されていて、生息地の減少や外来種のチュウゴクオオサンショウウオの参入、彼らとのハイブリッドちゃん達が増えていて、純オオサンショウウオが減ってしまっているようです。だから何が言いたいかというと、、、

 「見られたらラッキー」!!!
という事です。

2、決まったスポットに出てきます。時間帯は、、、
 いつも決まったスポットに出没します。細かい場所は言えませんが。(捕獲できる様な大きなサイズではありませんが、、、)

 午前はまだ確認していないのですが、昼下がりの午後に見られます。この時間帯が活発になるのでしょうか?

 午後の5時には同時に5匹見られました。(写真では3匹にしか収まりませんでしたが、これだけでも凄い出現数なのでは?)別日には17時には全く見られませんでしたが。

 
f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200705104027j:plain


 エサとなる川魚(オイカワかな?15cmくらいありそう)が豊富ですね。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200705104101j:plain


3、ネットに潜るのが大好き。
 先ほど「生息地の減少」と言及しましたが、川の上流(歩けるところまで)から下流(こちらも)まで一通り見てみたのですが、やはりここでしか見られませんでした。

 そこが皮肉にも人工ネットや橋の工事をしている場所。いつ訪れても結局ネットに隠れたがります。皮肉にもこのネットが隠れるのに都合の良い場所になっているのでしょうか。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200705104153j:plain

オオサンショウウオは20分に1回息継ぎをするようです。次回はその様子も抑えたいと思います。

カニダンスとハゼジャンプ

1、川岸で生き物発見!!!

 橋の上から変な動きをしているものがあるなぁと見ていたら生き物!!!

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200619131917j:plain

 近くによっていこうとしたら凄いドロドロしてしまったので断念。でも天然の色々な生き物がいました。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200619132012j:plain

 

2、赤いカニを捕まえたけどアカテガニではなさそう

写真のカニはきっとアカテガニだとは思うのですが、こちらは捕まえられませんでした(泣)

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200619132049j:plain

そしたら橋の下に偶然歩いているカニがいたのでキャッチ!ハサミが赤いと思ったのですが、、、と思って持ち帰ったらそんなに赤くない???

 

でもベンケイガニでも無さそうだしなぁ。

もしかしたらもう少し育てばアカテガニっぽくなるかもしれない。しばらく育ててみよう。

 

3,そこは生き物の楽園でした。

チゴガニとミナミトビハゼは自然界では初めて見ました!

 

小さなハサミを両方上げて仰け反るという動作を繰り返しています。動作はAKB48のダンスみたいに揃ってはいませんが、何匹ものカニがバラバラにやっているのがまた良い。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200619132845j:plain

これがする前で

 

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200619132902j:plain

これがしているとき

ちょっと分かりづらい、、、

 

基本的に巣穴の近くでダンスしていて、近づくとすぐに隠れるのもカワイイです!

 

ミナミトビハゼも今までは水族館でしか見たことがありませんでした。自然ではこんなにジャンプするんですね!でも全然移動出来てないよ(笑)

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200619132941j:plain

飛ぶ前

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200619132955j:plain

飛んだとき

オカヤドカリ飼育日記1〜お迎え〜

1,買ってみたかった

念願のオカヤドカリさんがこちらです!!!

 数年前から夏にオカヤドカリが売り出されると、「飼っていみたいな」と思いつつ断念、、、

 でも一人暮らしになってからやっと買うこと買うことが出来ました!SサイズとMサイズがあったのですが、僕が購入したのはMサイズです!

 今回のオカヤドカリくんがこちら!!!

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200619130018j:plain

2、期待するほど動かない

 持ち帰って数時間は動きませんでしたら。疲れたのかな?でも夜中の3時にやっと動き出してくれました!!!

 日中でも動いているのですが、フタを開けようとするとすぐに硬直してしまいました。

 折れないように脚を動かしてやると、最初は素直に動かしてくれるのですが、2回目からは鋼みたく固くなってしまいました。


3、ブルーベリーを授けてみた

 もともと入っていた餌が食べられておらず、カビが生えていました。固形上の細長いものってうんちなんじゃないの?って思われるかも知れませんが、オレンジとか緑とかだったのでフレークだと思います。

 で、とりあえず冷蔵庫の中にブルーベリーだけ入っていたので与えてみました。すると4日後、、、

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200619130207j:plain

上半分だけ食べたのかな?

飼育指導書にはフレークだけでなく様々な果物や野菜も与えてくださいと書かれていたのでやってみたものの、とりあえず餓死はさせずに済みました!


というオカヤドカリ飼育日記でした。

22歳の成人男性にも関わらずクワガタを貰ってマジで喜んでしまった話

1、あそこにノコギリクワガタいるらしい、、、

石庭で有名な龍安寺に行ったときの話です。まさかそんなところに真昼間からクワガタがいるなんて思わないじゃないですか!!!

しかもアジサイの枝にしがみついていました。なんで!?。普通は太いクヌギの幹にいるんだけどなぁ、、、。現場はこちらです!!!

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200618213502j:plain


2、お姉さんは持っていくのか、持って行かないのか

先に見つけられてしまったというよりも「あっ、クワガタいる!!!」と叫んでいたのを聞いて初めて気が付いたって感じでした。生物学科卒(本当は少し名前が違うのですが、生物学を勉強していたので以下この表記で行きます)なのに最近全然生物を発見できなくなってしまった、、、

お姉さんには彼氏がいて、2人でとろうとしてもなかなかしがみついているとか、やっとの思いで捕まえてもやっぱ逃がしてあげるかとか言っていました。なのでクワガタを元の場所に戻すまで少し離れた場所で待ち、その後持って帰ろうとしました。

しかし2人はクワガタを持ち帰ってしまいました。


3、「お兄さん、良ければいる?」

諦めてさっさと入り口に入ろうとしたら、「お兄さん、良ければいる?」と聞かれました。22歳の成人男性にも関わらずクワガタを貰ってマジで喜んでしまった瞬間です。ちなみに何クワガタなのと質問されたのでノコギリクワガタですと答えました。

それにしても立派な角!!!

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200618213714j:plain

 

彼氏さん曰はく「3万で売れる」!!!

お2人ともありがとうございました。

4、人間が食って不味いものはクワガタも不味いんだな

持って帰って来た日の夜はかなり動きが鈍くなっていました。ちょっと長くはないかもしれないなぁ。とりあえずキウイフルールをあげる。

 

食わない!!!

きっと美味しくないんだよ。俺が食ってても不味いもん。

そこでキウイの上にメープルシロップをかけてあげました。

 

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200618213734j:plain

食べるねぇ!!!

メープルシロップは僕も好き、やっぱり人が食ってもおいしいものは虫にとってもおいしいんだな。

5、お散歩させてみた。

お腹が一杯になり、真夜中の3時ということで活発に動くようになりました。

あぁ~そこにはいかないで~~~

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200618213753j:plain

そもそもクワガタにお散歩って必要なのでしょうか?ずーっと(森に比べたら)狭い空間に閉じ込められると体力が衰える気がするし、運動不足にもなりそうだし。でも人間と同じ判断基準をクワガタに適応させるのもおかしい気がするし。(なぜならバランスの良い食生活でなく樹液だけでも健康に暮らせるのですから。)

 

はい、お家に帰りましょう~。でも隠れるところがないのはかわいそうだ。こっちの方がよっぽどストレス。次回はクワガタ家をリフォームしたいと思います!!!

アンコウのぼり【Part1】

 お久しぶりです!!!

 今となっては昔の話になってしまいますが、端午の節句(5/5)といえば鯉のぼりですね。でも少しひねって、鯉ではなくアンコウとフグが泳いでいる「アンコウのぼり」を描いてみました!こういった感じです!

 f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200509220703j:plain

色々と説明したいところはあるのですが、まずは製作過程について紹介していきたいと思います。

 

 まずは下描き!!!

 最初はアンコウとフグがぶら下がる軸になる棒と風車を書き加えてから、アンコウとフグを加えました。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200509220738j:plain

 1番難しかったのはアンコウの口。上アゴが下アゴよりも短くて、いい感じの角度にするのに結構時間を取られてしまいました。特に角度に関しては少しでもずれてしまうと全然別のクリーチャーみたいになるので「う~ん、違うなぁ」っていうのの繰り返しでした。

 f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200509220801j:plain

まだまだ気に入らないけれど、、、

 アンコウに時間がかかり過ぎて、もうフグの下描きに入ってしまいました。フグは何回も描いているのでまだササっと描けました。

 ただ、アンコウは翌日修正しないといけないかな、、、

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200509221039j:plain


 

 


 

 

休校要請が出ている今できること [No.1]

休校要請が出ている今、僕が出来ること

 新型コロナウイルスの影響で、小・中・高校がお休みになり、自治体によっては保育園などもお休みになっているところがあるとメディアで知りました。

 実際、街の本屋さんでもドリルを持った大人たちが行列を成していました。子どもさんが家にいる間にゲームじゃなくて勉強をさせたいのでしょうか?ニュース番組を見ていてもゲームばっかりで勉強どころじゃない子たち(ちゃんと勉強している子たちも沢山いましたが)が問題になっていると報道されていました。

 そこで、僕自身の受験勉強や塾講師(アルバイト)などの経験を活用して少しでも世の中に役立てるものが出せれば良いなと思いました。普段趣味程度にチョロチョロと絵を描いている身ですが、それを生かした家でも楽しく過ごせるセットを作っていきたいと思います!!!

 

No.1 漢字ドリル

 高学年は自分で勉強ができると思うので、幼稚園生~小学生低学年向けのツールを作っていきます。

 手始めに漢字ドリルを作成してみました。勉強に飽きてしまった子に漢字パズルのようなものをやらせたら夢中になる子が多かったのが作ろうと思ったきっかけでした。

 今回作成したのがこちら↓↓↓

 f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200308182138j:plain

 魚へんの漢字が並んでいて、隣の空欄に吹き出しの中にあるパーツを適切なところに入れると、そこに描かれている魚を意味する漢字になります。

 ↓↓↓例えばこういう感じ

 f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200308182158j:plain

 

これからの課題

 とにかく枚数が少ない!!!

 1枚だけの漢字ドリルはゆゆしき問題ですよね。1枚だけの漢字ドリル、、、

もっと枚数を増やしていきたいと思います。特に魚へんの漢字のみならずその他の漢字(魚へんの漢字も興味を持つきっかけとしては大事だけれども小学校低学年に役立つような漢字)も取り入れていきたいと思います。秋刀魚の「秋」を埋めるようなものとか、、、

 

様々なタイプのものを用意しております!!!

 今回は勉強ものにしたのですが、それ以外の方面のシリーズも現在制作中です。お楽しみに!!!

 

 f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200308182214j:plain

ちなみに今晩は作品「タピる」は送料無料です!!!

是非この機会をご利用くださいませ!(メルカリで販売しております。)

 

作品「タピる」最終回(第6話)

最後を飾るのはアンコウ

 漆黒の世界と白銀の砂地にたたずむ山吹色主体の体。口の幅が広いゆえに一度に7本のストローを加えて飲んでいる様子を描いてみました。予想外にも全体的に暗い画面になってしまったので体に金色を加えたところがポイントです。

f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200307150155j:plain

 、、、もうこれ以上書くことが((´;ω;`))

 去年からアンコウを描きたいなと思って描いたのが選択した理由です。今回は我々が鍋にしてよく食べる方のアンコウをモデルにしたのですが、個人的にはカエルアンコウとかチョウチンアンコウの方が良いような気がしてきました。

 いや、このアンコウをモデルにしても良かったのだけれど、つるされている格好の方が面白かったかも、、、

 以降検討したいと思います。

 

以前描いたホタルイカをちとカラフルにしてみました

 以前修正液だけで光っているホタルイカを表現した絵があってそのままにしていたのですが、本来白というよりも青白いので色をカラフルに(青白いだけだと面白みに欠けるかなと思ったので、、、)してみようと思いました。

 BEFORE

 f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200307150449j:plain

 AFTER

 f:id:sekaiwohyouryuusurutakaragai:20200307150123j:plain

 違和感はあるもののアートとしては暗い世界を少し明るくしてくれる存在になってくれたかなと思いました。